興信所の結婚調査内容・方法

興信所の結婚調査内容や方法について

結婚調査はどこまでのことを調べてもらえるのでしょうか。結婚相手を選ぶのは人生に何度もあることではありません。当然、相手がどんな人なのか気になりますよね。何年も付き合っていればお互いのことは理解できますが、それまでの人生に関しては嘘をつくことはできます。そこで結婚相手の身辺調査を依頼することになります。

 

結婚で失敗しないための結婚調査

例えば結婚を考えている相手が未婚だと嘘をついていたとしても、ふつうはそれを信じるしかありません。また、交際相手の家族がどのような人たちなのかを知ることは重要です。もし相手の家族に問題を起こす人がいるとすれば、その被害に遭う可能性もあるのですから。

 

特に金銭関連は結婚してから大きな問題に発展する可能性があります。同じように勤め先がどのような会社か、将来性はどうかといったことも気になる点です。銀行に勤めているという男性を結婚調査したところ、無職でギャンブル好きだったという事例もあります。一度結婚してしまったらその事実は取り消せません。

 

結婚調査でわかること

結婚調査は興信所や探偵に依頼して結婚相手の素性を調べる調査のことをいいます。調査内容は近所周辺での評判や友人などの交遊関係、勤め先と会社の将来性、家族構成などです。

 

結婚調査の方法は依頼者から調査対象者の情報を聞き、それをもとに張り込み、尾行、聞き込み、加えて公的な情報を得られるものであればそれを利用します。

 

結婚調査でわからないこと

興信所や探偵による結婚調査を行ったとしても、判明しないこともあります。たとえば、借金の有無については本人の照会でなければ情報は開示されません。内容によっては聞き込みで情報を得ることもできるでしょうが、事実関係を確認するという要素が強くなります。

 

効果的な結婚調査の利用方法

交際中に相手が発言した内容について嘘がないかを確認するような調査は効果的です。たとえば「〇〇で働いている」という情報を得ているとします。その情報に違和感を感じて結婚前に調査を行い、その発言が本当かを確認するという利用方法です。

 

また、浮気相手がいないかを確認するなど、交遊関係に問題となりそうな人がいるか調べるのも探偵の得意とするところです。

 

調査は相手に気づかれないように張り込みや尾行をしなければならず、個人で行うのは難しいです。これらの事実確認については比較的短期間で結果が判明します。調査期間は15日前後がおおよその目安です。結果は報告書の形でまとめられて確認できますので、あとからじっくり見返すこともできます。

 

⇒結婚調査で評判の興信所一覧こちら