結婚調査依頼先の選び方

結婚調査依頼先となる興信所の選び方について

結婚調査会社の選び方

結婚調査は興信所・探偵に依頼することになりますが、結婚調査を何度も依頼することはありませんよね。では、どういった基準で選べばよいのでしょうか。

 

まずは口コミ・体験談を読んでみる

興信所や探偵に調査を依頼することは人生でもほどんどないことだと思います。そこで、まずは興信所や探偵に調査を依頼した人たちの口コミや体験談を探してみるのがいいのではないでしょうか。地域を絞って検索すれば、利用者が興信所・探偵社の評判を書いてあるサイトも見つかります。ランキングサイトでのおすすめや重視するポイント、人気などを比較するのにいいでしょう。

 

結婚調査会社のサイトをくわしく見る

最近はウェブサイトを運営する興信所・探偵社が多いです。ウェブサイトにはその会社の雰囲気やどのような調査依頼が多いかが書かれているものがほとんどです。特にその会社が得意としている調査内容を知っておくことは重要です。結婚調査を専門に行っている会社もありますので、安心して任せられる依頼先を見つけましょう。そのためには、目星をつけたところに見積もりや無料相談、電話相談をしてみましょう。相談に対するメール対応などで安心できる会社を選ぶのがいいでしょう。

 

結婚調査会社を選ぶ上での注意点

結婚調査会社は探偵業法という法律で制限されています。都道府県公安委員会への探偵業届出を行い、資格を取得しなければならないと決まっているのですが、届出をせずに探偵を名乗る違法業者は後を絶ちません。そのような業者に依頼すれば詐欺被害に遭う可能性もあります。

 

そのため、契約前には探偵業法の届け出がされていることを調べることが先決です。Yahoo!やGoogleなどで「都道府県名 行政処分 探偵業者」というキーワードで検索すると、都道府県ごとの探偵業法で行政処分を受けた業者と番号が載っています。そこで事前にホームページなどで見つけておいた探偵業届出番号を検索し、行政処分を受けていないことを確認しましょう。行政処分に該当していなければ、ひとまず安心といえます。

 

契約する前の注意点

調査の値段と調査能力は釣り合うものではありません。そのため調査費用によって探偵の調査能力を測ることはできません。しかし、激安がうたい文句だったり、他社よりも格安の料金を提示する業者には注意してください。また、金銭関連では年収や貯金を聞いてくる業者は警戒してください。請求金額の値踏みをされ、必要以上の金額を請求される可能性があります。また、会社の所在地が非公開で出張面談を強く勧める、所在地がレンタルオフィスなどの場合も、問題が起きる可能性を考えるとさけたほうが無難でしょう。

 

契約書は必ず作成する

契約書の作成は探偵業法で必須と定められています。契約書もなく調査を開始し、後日法外な値段を請求される詐欺手口も存在します。また、即日依頼もできれば避けたほうがいいでしょう。探偵も調査のために下準備を行ったほうがうまく調査が進む可能性が高まります。

 

⇒結婚調査で選ばれる興信所一覧こちら